カテゴリ:セミナー( 6 )


LD学会へ行ってきました

どんぐりの会の池畑です。
久しぶりの投稿です。
日々の支援やそれにともなう準備等でなかなかブログで近況をご報告できずに申し訳なく思っています。
できるだけ頑張って投稿して行きますのでどうぞ覗きに来て下さいね。

さて、10月12日~14日は年に一度のLD学会が横浜で今年は行われました。
(ちなみに来年は大阪で再来年は福岡です!)

学会といいますとお医者様方が行かれる敷居の高い学会を想像してしまいますが、LD学会は発達障害に関わっている方や興味がある方だれでも(参加費を払えば)出席できるものです。

大学で研究されて本を何冊も出されている先生も普通に会場を歩いているので、すれ違うとちょっとうれしくなったりします。
大ホールでは特別講演で著名な先生方の研究のお話が聞けたり、シンポジウムや教育講演、ポスター発表などあらかじめ聞きたい講演等をチェックして上手に動かないと定員オーバーで入場できなかったりすることもあります。

講演やシンポジウムもさることながら、私の場合学習を指導している立場から、教材に関して非常にこだわりがあり、まず真っ先に向かうのが教材展示。
今年も新しい教材が出ていました。なかなか普通の本屋さんでは売っていないものもあったりして大いに収穫のあった学会でした。

教材について相談やご覧になりたい方はどうぞ気兼ねなくメールをください。
その子の発達や学習の様子によって様々ですが、どこかぴったりくるような教材をご紹介させていただきます。

また、随時生徒さんは募集をしています。
知的障害をお持ちのお子様から様々な特性をお持ちの年長児から中学生(高校生も場合によってはOKです)まで指導可能です。

メールにてお問い合わせください。
donguriclub2009@gmail.com
池畑まで



学会の合間にSKY HOP BUS に乗って東京見物。
d0177578_23445522.jpg


どんぐりの会HPへ飛ぶ✈✈✈✈http://donguriclub.kids.coocan.jp/
[PR]

by donguriclub2009 | 2013-10-20 23:56 | セミナー

3月の学習会は延期になりました

3月9日(土)に予定しておりました学習会は延期させていただきます。

次の日時が決まり次第このブログやHPでお知らせいたします。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。
[PR]

by donguriclub2009 | 2013-02-19 10:46 | セミナー

2つのビジョンについてお話をさせていただきます

7月14日(土)午前11時~2時間ほど、2つのビジョンについてお話をさせていただきます。

1つ目のビジョンとは「見る力」について。
学校や家庭や支援室でちょっとした時間をつかってできる「見る力」を促すトレーニングについて。

もう一つのビジョンとは「これからの進路」について。
勉強の進め方や学校選びのポイントなど。
ハードルを低くするための教具えらびなどの紹介もします。

かれこれ20数年、発達凸凹の彼らと勉強を共にした蓄積を存分に披露させていただきます。

くわしくはホームページをご覧ください▶クリック
[PR]

by donguriclub2009 | 2012-07-12 01:21 | セミナー

勉強をしてきました。

ゴールデンウイーク後半は、S.E.N.S(特別支援教育士)養成セミナー受講のため、東京に出かけていました。
私は数年前よりこの資格を取るために大阪や東京に通っています。
時間もお金もかかるので、1年のうち行ける回数はどうしても限られてしまうのですが、行くとほ〜んといい勉強が出来るのです。

今回は「S.E.N.Sの役割と倫理」と「保護者とのかかわりと連携」。
この2ポイントが合格していたら目標の30ポイントが揃います。
揃えば一番の難関(?)の実習を受けなければなりません。
う〜ん。まだまだ資格GETまで道は続きますが、頑張ります!
[PR]

by donguriclub2009 | 2012-05-06 00:43 | セミナー

センター試験

昨日、佐賀大学本庄キャンパスで行われた研修会へ行ってきました。
講師はLD学会理事長の上野一彦先生。「大学入試改革と成長によりそう支援の在り方」についてお話をされました。

日本では23年度の大学入試センター試験から発達障害も受験の特別措置が受けられるようになったのです。

どういった措置かというと・・・
試験時間の延長(1.3倍)
チェック解答
拡大文字問題冊子の配布
別室の受験
トイレに近い試験室
座席を試験室の出入り口に近い所に指定
1階またはエレベーターが利用可能な試験室
杖の持参使用
試験室入り口までの付き添い者の同伴
試験場への乗用車での入場
などなど。(23年度入試)

そのほか英語のリスニングに関しても特別措置があります。

23年度に発達障害の受験特別措置を利用してセンター試験を受けた人数は95人で、来年度(24年度)はもっと増えそうだとか。

この措置を受けるためには、
しっかりとした医師の診断書が求められることと、学校からの(校長先生の名前で出される)状況報告書・意見書の提出が必須となっていますので、あわてないですむように前々からの心づもりと準備が必要です。

どんぐりの会では現在小中学生が中心ですが、彼らが高校生になり、センター試験を受けるようになった時には、アメリカのように、入試でも普通の学校のテストでも、代読や音声読み上ソフトの使用ができるなど我が国の理解が進んでいることを願いながら、また高速バスで福岡へ帰ってきました。


再来週は長崎で行われる「感覚統合学会」へ。
これまた楽しみです(^◇^)
[PR]

by donguriclub2009 | 2011-10-18 01:54 | セミナー

アセスメント研修会

発達障害関連のセミナーを受講するため、私は大阪や東京にたびたび出かけていきます。

先週末、大阪LDセンターで行われた「アセスメント研修会」に行って参りました。
WISCのプロフィールをもとに分析し、指導の手だてを考えて行くのです。

さっそく帰ったら、子どもたち一人ひとりの分析開始。大変なんだけど、今まで見えなかったものが見えてくるはず。楽しみです。

LDセンターに通い始めてかれこれ6年。
今までたくさんのことを学ばせていただきました。
発達障害の概論から始まり、今では指導者のための専門研修。

出かけるとたくさんの情報や知識を得て、頭もおなかも(ついでに食べ歩くので)いっぱになって帰ってきます(笑)。


d0177578_2492630.jpg


今回の指導講師は堺市通級指導教室のY先生。
先生が最近出された「子どもの学ぶ力を引き出す 個別の指導と教材活用」さっそく買って読んでいます。
指導のヒントがちりばめられています。
おすすめです。
[PR]

by donguriclub2009 | 2011-08-01 02:51 | セミナー
line

学習や発達の遅れ、学習障がい、自閉症、ダウン症、知的障がい、不登校などさまざまな子どもたちとご父兄のための療育・教育サポート教室


by donguriclub2009
line